自転車の軽量化と健康への効果

健康になりたい夢をかなえてくれる自転車

健康への効果 自転車は移動手段であると同時に、健康を増進する乗り物でもあります。他の運動と比較しても、心肺や足腰への負担が少ないにもかかわらず、合理的な有酸素運動になる利点を持っています。
特に脚の筋肉を使うように思えますが、実際には荷重が分散されて、お腹やお尻の部分の筋肉も鍛えられます。
自転車に乗って有酸素運動をしている人は、細くて筋肉質な脚になるために、バイクレッグと呼ばれることがあります。バイクレッグの状態にまで至るためには、相当な距離を走る必要がありますが、他の運動に比べれば楽になります。
自転車の運動によって、余計な体脂肪は燃焼されて、次第に理想の体型になります。ただ痩せるだけでなく、太りにくい体質へと変化しますから、健康効果を長く保てるようになります。
自転車に乗る人は、常に変化する景色を眺められるために、ストレスも解消しやすくなります。
サイクリングの習慣を毎日のように続ければ、体に老化物質が蓄積されることを防ぎ、アンチエイジングを促進できます。

軽量化によって速さが大きく変わる自転車

自転車の軽量化を促進することは、燃費効率を高めながら、高速で走行するために必須となります。
競技用の車種の構造は特にシンプルで、余計な部品を排除することに重点が置かれています。競輪の場合には極端にシンプルですが、普通のスポーツ自転車の場合であっても、荷台やスタンドは付いていません。
軽量化を進めるために、タイヤを少しだけ細くすることも有効ですが、用途に合わせて決めることが大切です。細いスリックタイヤは軽い特性がある一方で、悪路走行は苦手としています。
街乗りを中心に行う場合には、重たくても安定感のあるブロックタイヤを使い続けて、快適性能を維持することもできます。
軽量化が充実した自転車には、カーボンなどの高級素材がフレームに使われるため、値段も高価になります。
車体重量が10kgを下回るロードバイクもありますから、一般的な自転車とは全く違う性能になります。軽い車体でも強度は十分に維持されて、過酷なレースでも使える性能になっている車種もあります。

recommend

デリヘルを大阪で利用
http://www.evo-one.net/

最終更新日:2017/4/27