スポーツ自転車の組立と適した靴

自転車を漕ぐのに適した靴について

自転車に適した靴 スポーツの種目毎に専用の靴があるように、自転車を漕ぐのに適した靴があるものです。その1つがビンディングシューズと呼ばれる靴で、自転車のペダルに固定して利用されます。
ビンディングシューズのメリットは、効率良くペダルを漕げる点にあります。普通、自転車のペダルを漕ぐ時は、踏む時にペダルに力が入るものです。ビンディングシューズをペダルに固定すれば、足を上げる時も力を入れられますので、より効率良く、ペダルを漕ぐ事ができます。
ビンディングシューズを使うとぺダリングが楽になり、その上スピードも速く出しやすくなる為、スポーツサイクルを利用している方にも愛用する方が多くいるものです。特に、高性能なロードバイクの性能を最大限に活かすには、必須の装備と言えるでしょう。
一方、ビンディングシューズを利用する上で、気を付けなければいけないポイントもあるので注意しましょう。例えば、ビンディングシューズは靴を固定する形になる為、停車時はペダルから外す必要があります。ペダルから着脱方法を身に付けておかないと危険ですので、利用前には十分な練習をしなければいけません。
また、シューズをペダルに嵌め込むクリートの摩耗を抑える必要があります。クリートカバーという便利な道具も販売されていますので、サイクリング中にお店へ立ち寄る際等に利用しましょう。
シューズによっては徒歩とサイクリングとの両方に使えるものもあります。

スポーツ自転車を組み立てるときの手順

ロードバイクやクロスバイクといったスポーツ自転車は、フレームと部品が完全に別の構成になっているため、それぞれを個別に入手して自分で組み立てることが可能です。
組み立て手順は、まずフォークとステムを取り付けます。ヘッドセットと呼ばれるベアリングパーツが必要になるため、事前に準備しておきましょう。
取り付けが完了したらハンドルもセットします。続いて自転車の心臓部ともいえるクランクとボトムブラケットを組み付けます。グリスを塗るのを忘れずにボトムブラケットをフレームに押し込み、クランクをセットします。そして外れ止めプレートを押し込んで完了です。_
変速機であるフロントディレイラーとリアディライラーも取り付けます。この時点では細かな調整はせず、ネジ止めだけをしておきます。さらに前後のブレーキも組み付け、シートポストとサドルも設置しておきます。
ハンドルにブレーキと変速の兼用レバーを固定し、ホイールを装備させれば組み立て作業は完了です。
このあと、シフトとブレーキのワイヤーを引き、調整すれば自転車として完成するのです。

Valuable information

2017/3/9 更新